FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.09 鳥瞰
 『鳥瞰』 

 「日曜日」という休日になれば
 ここは人間で溢れかえる

 人間は別に嫌いじゃない
 小さいのや大きいのがいて
 顔をコロコロ変えたり走り回ったり
 私たちには到底出来ないことだし
 それを羨ましいと思うこともある

 でも、人間になりたいとは思わない
 どれだけ頑張って手を振り回しても
 彼らは私たちを捕まえることができないし
 地面に足をつけて歩くのは色々と危険だから

 飛んでいると考えてることがどうでもよくなる
 悪口で鳥頭という言葉があるのはムカつくけど
 風に乗ればきっと彼らだってそうなる
 目の前に空がないから気苦労も多いのだろう


 一番人気の観覧車には
 恒例行事のように長い行列ができる

 行列には
 友達、夫婦、親子、家族がいる
 たまに一人で並んでる奴がいるから
 傍によって私はちょっかいを出す

 「一緒に遊ばないかい?」


 順番が来ては乗り込み
 観覧車は上がっていく
 一番上に達したらあとは
 ゆっくりと下がっていく

 毎週必ず見に来てるけど
 何1つその様は変わらない
 変わるのは乗りこむ人間だけ
 たまには逆に回ればいいのに

 ゴウンゴウンと鳴る音は
 乗っている人間には多分聞こえてない
 窓に張り付いて頬を緩ませて
 空を飛んでいるとでも思っているのだろうか

 「鳥頭なんて言葉はもう使うなよ?」


 おや これは珍しい

 観覧車が動きを止めてしまった
 他の乗り物は動いているし
 別に停電したわけじゃない

 たった1つのネジの緩みが原因らしい

 観覧車を止めたのは
 管理をしているじいさん
 ずっと隣にいた人が
 動きを止めたという事実

 当然なものは当然だから、分からない

 「それはまるで愛のようだね」




 ――鳴きながら飛び去った

 あの烏のために僕は
 毎週一人で行列に加わっている

 きっといい友達になれると思うから
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://syuuxxx.blog92.fc2.com/tb.php/160-ae7905a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。